グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  ソフト紹介 >  ESOTERIC ESSG-90151/52

ESOTERIC ESSG-90151/52


■20世紀ヴェルディ・オペラ上演に革新をもたらしたアバド
2014年1月20日、80歳で亡くなったイタリアの名指揮者クラウディオ・アバド(1922-2014)。当シリーズではこれまでも、メンデルスゾーン「真夏の夜の夢&イタリア」(ESSS-90066)、「ジルヴェスター・コンサート」(ESSG-9098)、ストラヴィンスキー「ペトルーシュカ&プルチネルラ」(ESSG-90100)、ロッシーニ「セビリャの理髪師」(グレイト4オペラズESSG/D-90089-97に収録)、マーラー「交響曲第2番&第4番」(ESSG-90141/42)などのアナログ~デジタル時代の名盤をSuper Audio CDハイブリッド化して参りましたが、今回は1979~80年と1974年にミラノ・スカラ座管弦楽団と合唱団と録音したヴェルディの「レクイエム」とオペラ合唱曲集という、アバドのディスコグラフィ上、最も重要な名演を最高の状態でSuper Audio CDハイブリッド・ソフト化いたします。これらは、アバドが1968年から1986年まで音楽監督をつとめたミラノ・スカラ座との録音の中で、オペラ全曲盤以外では最大の遺産とも言うべき名盤です。
メーカー
ESOTERIC
品番 ESSG-90151/52
仕様 Super Audio CDハイブリッド
標準価格(税込) 6,789円
販売価格(税込) 6,789円
在庫状況 6/20時点 2

収録曲

●DISC 1
ジュゼッペ・ヴェルディ(1813-1901)
レクイエム[4人の独奏者、合唱と管弦楽のための]
1 第1曲レクイエム(安息を)とキリエ(あわれみ給え)[4部合唱と四重唱]第2曲ディエス・イレ(怒りの日)
2 ディエル・イレ(怒りの日)[混声7部合唱]
3 トゥーバ・ミルム(くすしきラッパの音)[混声7部合唱とバス独唱]
4 リベル・スクリプトゥス(書き記されし書物は)[メッゾ・ソプラノ独唱と混声4部合唱]
5 クィド・スム・ミゼル(あわれなるかな)[ソプラノ、メッゾ・ソプラノ、テノールの三重唱]
6 レックス・トレメンデ(みいつの大王よ)[4部合唱と四重唱]
7 レコルダーレ(思い給え)[ソプラノ、メッゾ・ソプラノの二重唱]
8 インジェミスコ(われ、罪ある者として嘆き)[テノール独唱]
9 コンフターティス(呪われたる者どもを罰し)[バス独唱と混声合唱]
10 ラクリモーザ(涙の日なるかな)[四重唱と混声合唱]
11 第3曲オフェルトリウム(主イエズス)[四重唱]
12 第4曲サンクトゥス(聖なるかな)[二重混声合唱]

●DISC2
1 第5曲アニュス・デイ(神の小羊)[ソプラノ、メッゾ・ソプラノ独唱と混声4部合唱]
2 第6曲ルックス・エテルナ(永遠の光を)[メッゾ・ソプラノ、テノール、バスの三重唱]
3 第7曲リベラ・メ(われらを解き放ちたまえ)[ソプラノ独唱と混声4部合唱]オペラ合唱曲集
4 「祭りの飾りを」(歌劇《ナブッコ》から)
5 ヘブライの捕虜たちの合唱「行け、わが思いよ、金色の翼に乗って」(歌劇《ナブッコ》から)
6 アンヴィル・コーラス「朝の光がさしてきた」(歌劇《トロヴァトーレ》から)
7 火の合唱「喜びの炎よ」(歌劇《オテロ》から)
8 謀反人達の合唱「いま一度目覚めるのだ、カスティーリアの獅子よ」(歌劇《エルナーニ》から)
9 凱旋の合唱「エジプトとイジスの神に栄光あれ」(歌劇《アイーダ》から)
10 スコットランド亡命者の合唱「しいたげられた祖国」(歌劇《マクベス》から)
11 行軍の合唱「エルサレムへ!エルサレムへ!」(歌劇《十字軍のロンバルディア人》から)
12 十字軍兵士と巡礼の合唱「おお主よ、ふるさとの家々を」(歌劇《十字軍のロンバルディア人》から)
13 「ここに明けた、輝かしき喜びの日が」(歌劇《ドン・カルロ》第3幕から)